デジタル技術でお客様に驚きや感動を

製薬業界の業務効率化を実現するChatGPT搭載の SaaS型・AIナレッジマネジメントシステム 「STiV(スティーブ)」をファンリードが開発 ~品質保証・薬事業務の膨大なデータ管理、暗黙知の継承を可能にするサービスを提供~

株式会社ファンリード(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:小林 慶一、以下、ファンリード)は、製薬業界に特化したChatGPT搭載のSaaS型・AIナレッジマネジメントシステム「STiV(スティーブ)」β版(特許出願中)をリリースしました。品質保証・薬事業務における膨大なデータ管理や情報検索の煩雑さ、さらに属人化しやすい「暗黙知」に対して、AIのサジェストにより業務効率化を実現するシステムです。

■製薬業界におけるAIナレッジマネジメントへの強いニーズ
ファンリードでは、製薬業界を中心に50社以上にヒアリングを進めてきたなかで、品質保証・薬事部門の業務効率化を実現するAIナレッジマネジメントへの強いニーズを把握しました。

<製薬業界の業務課題(※)>
●品質保証部門:法令や関連文献などのデータ管理が煩雑となり、参照する際の検索の難易度が高い。またそうした知識・技術の継承が難しい。
●薬事部門:薬事申請・照会に必要な膨大なデータが整理されておらず、検索ができるようになっていない。
※ファンリードのヒアリングによる。

■ChatGPT搭載のSaaS型・AIナレッジマネジメントシステム「STiV」の概要
ファンリードは、上記のような製薬業界の業務における課題を解決する目的で、「STiV」β版を開発しました。「STiV」という名称は、「Share and Transform into Value(共有して価値に転換する)」という意味を表しています。

<STiVの特徴>
STiVは、各企業が自社内に保有している多数のデータと、製薬業界における法令や関連文献などの膨大なデータを紐づけて、シームレスな検索を可能にする業界特化のエンタープライズサーチです。品質保証や薬事業務でのナレッジ活用に最適化した高い情報検索力を利用しやすい価格で提供することによって、業務負荷を軽減し、暗黙知の継承を可能にします。
●SaaS型システム
・柔軟かつスピーディーに機能の高度化が可能
・クラウド環境で低コストを実現
●ChatGPTを活用したAI・機械学習搭載
・情報検索における精度が高い
・業務における「暗黙知」「経験」の継承に役立つ

<STiVサービスサイト>
https://lp.stiv.jp/

<STiVロゴ>
STiV(スティーブ)ロゴ

図1:品質保証・薬事業務を変革する流れ
図1:品質保証・薬事業務を変革する流れ

図2:STiVが解決する製薬業界の業務課題
図2:STiVが解決する製薬業界の業務課題

■株式会社ファンリード 会社概要
2013年設立、太陽ホールディングス株式会社(東証プライム上場)の連結子会社。DX推進やスマート農業、スマートファクトリーなど新たなITのあり方を提案するサービスに取り組んでいます。
代表取締役社長: 小林 慶一
設立     : 2013年3月26日
所在地    : 東京都豊島区西池袋1-11-1 メトロポリタンプラザビル15階
会社HP    : https://www.funlead.co.jp/

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ファンリード 広報担当
TEL : 03-5656-0055
Email: pr-marketing@funlead.co.jp

関連トピックス

ファンリードに
お気軽にお問合せください。

サービスに関するご質問やお客様のお悩み・ご要望がございましたら、検討段階でもお気軽にご相談ください。

ページトップへ