Relationship to Clientお客様との取り組み

ファンリード独⾃の強みは ⾼いITスキルとお客様を“知る”こと

ファンリードは、当社が属する太陽ホールディングス(HD)グループの各企業のほか、
様々な分野の事業会社、大手SIer企業・システム開発会社など、幅広い企業との取引実績から、
お客様の事業への深い理解をもとにした、質の高いITソリューションを提供します。

幅広い企業との取引実績があります。

IT企業として:最先端のスキルと知⾒

創業以来、様々な⼤⼿IT企業やSIerなどと共同して、システム開発・インフラ設計などのプロジェクトを推進しています。
そうしたプロジェクトを通して、ITの最先端技術と知見を常にアップデートできる環境にあり、開発全体の流れを理解したうえで、ユーザーにとって使いやすいシステムにするための提案をしています。

事業⽀援企業として:深い企業理解と業務サポート

グローバル化学メーカーの太陽HDグループで、「エレクトロニクス」「医療・医薬品」「食糧」「エネルギー」という幅広い事業を展開するグループ企業各社のDXを推進。その技術・ノウハウを活かし、⼩売業・不動産業・エンタメ・美容など他の分野の事業会社にも、『事業の成功』をゴールとしたITによる事業⽀援を⾏っています。
情報システム部⾨の⽀援、製造業・⼈事・研究開発など各部⾨のDX、業務効率化(RPAなど)を推進するうえで重要なのは、お客様の事業の進歩を⽣む提案です。そのために、ファンリードではお客様の事業・業務内容への理解を徹底し、お客様の視点に⽴ったシステム開発・ITサポートを提供しています。

Philosophy

お客様を深く知る

ファンリードは、ただお客様の要望に沿ったシステムを開発するのではなく、お客様の事業成功のためになることをサービスのゴールと考えています。
その実現のために、システム開発として必要な要件定義だけでなく、お客様の事業やビジョン、現状の業務実態などを深く理解したうえで、その事業の成功を促すための提案を⾏っています。

モラルを重視する

DX・システム開発の領域は、お客様の事業の根幹となる機密情報を取り扱う業務です。徹底した情報セキュリティ遵守に加えて、株式市場や特定の産業のルール・作法に則して対応します。
ファンリードではメンバー⼀⼈ひとりがお客様におけるルールなどを学び、⾃らを律した⾃律型⼈材を⽬指しています。お客様と共に事業の成功を推進していくためのモラルの⾼い仕事を担うことを重視して、⼈材育成を⾏っています。

新しい技術を学び続ける

AIやIoT、データサイエンスなど、最先端の技術からスマートファクトリー、スマート農業などのサービスを創出しており、メンバーが新しい技術に興味を持ち、学び続ける姿勢とそのための環境を⼤切にしています。
あらゆる業種・業務にDXが必要とされているいま、広い視野と知⾒からお客様の課題を⾒出せる⼈材の輩出にも取り組んでいます。

東証プライム上場企業グループのIT部門として、
グループ全体のDX推進を牽引。
お客様の立場に立ち、ITを通して
「楽しさ(fun)をリードします(lead)」

2013年の会社設⽴以降、ファンリードは様々な業種・業界のお客様にIT技術を提供するSES事業を中⼼に成⻑してきました。さらなる成⻑・発展を続けるため、2018年4⽉に太陽ホールディングス(HD)株式会社の連結⼦会社となり、2019年11⽉に同じく同社の100%⼦会社である株式会社サウマネジメントと合併しました。

合併を経て社名を株式会社ファンリードに社名変更。

現在は、受託開発やスマート農業・スマートファクトリーなどの⾃社開発サービスにも注⼒しつつ、太陽HDグループのDX戦略を担っています。グループ内における、お客様と近い距離で対話を重ねてニーズに応えるというプロジェクト経験が、⼀⼈ひとりのエンジニア及び会社としての⼤きな強みとなっています。グループ外においても、お客様の事業・業務への理解を深め、潜在ニーズを引き出すなど、内部に⼊っての視点を⼤切に、最適なITソリューションの提案を⾏っています。